合宿が合わない人ってどんな人?

環境が変わると精神的に不安定になる人

地方などにある宿泊施設に泊まり、そこと近所の自動車教習所を毎日往復する形で免許を取得する合宿免許は、短期間で集中して免許を取りたいという人にはベストのシステムといえます。ただ、早く免許を取りたいという人であれば、誰でも合宿免許を利用すべきということにはなりません。合宿免許のシステムは独特なので、向き不向きがあるからです。では、合宿免許に向いていない人とはどういった人なのでしょうか。
まず挙げられるのがホームシックになりやすい人、あるいは環境が変わるとうまく寝られないといったような人です。合宿免許で免許を取得するためには最短でも二週間かかります。それだけ長期間、家に帰らず過ごすのは、環境が変わると精神的に不安定になる人には耐えがたいでしょう。

後に回せない予定が詰まっている人は根本的に無理

スルーできない用事が詰まっているような人も単純に向いていません。たとえば、サラリーマンとして働いている人が合宿免許を利用するというのは、夏休みが長い、退職することが既に決まっていて、有給休暇をすべて消化できるなど、かなり限られたケースでしょう。そういった点では、休みを長く取れる学生や仕事をするタイミングを自分で決められるフリーターなどは合宿免許に向いているといえます。
では、知らない人と過ごすのが苦手という人はどうでしょうか。こうした人は決して合宿免許に向いているとはいえませんが、工夫次第で十分、合宿免許を利用できるでしょう。合宿免許には一人部屋に泊まれるプランがあるので、そういったプランを活用すれば基本的に一人で過ごすことができるからです。